定年後に必要な資金を!

Pocket

『定年後には夫婦で2,000万円必要です!』って、言うのが話題になりましたが、これがいわゆる”2,000万円問題”です。

これが話題になった時に、「自分は大丈夫かな?」って感じたと思いますが、私も御多分に漏れず確かめました。

いろいろと…

自己紹介が遅れましたが、私は「しょう」と申します。
もちろん愛称ですが、、、

普通の会社員で年齢は50代後半
もう、定年までのカウントダウンが聞こえている年齢です。

家族構成は、妻・娘・息子の4人家族ですが、子供たちは独立し今では郊外のマンションに夫婦二人暮らしです。

さてさて、その”2,000万円問題”ですが、「我が家は大丈夫だろうか?」「大丈夫であっても、少しでも多くの蓄えを残して定年後の生活を送りたい!」と考えました。

今まで、貯蓄以外の資産運用にチャレンジしては見ましたが、上手くいったり失敗したりで、ほとんど資産運用益はありません。

株式投資やFXなどにもチャレンジしましたが、中々思うような成績を残せていません。

実は、私の亡くなった父親は、株式投資で家を建ててしまうような人でした。
サラリーマンだったのですが、勉強熱心ということもあり、ある程度成功したようです。

その父が亡くなって、少しの株式を受け継いだことから私の投資が始まりました。

とはいえ、そんなに勉強熱心ではなく、また住宅購入のための頭金にということで、その受け継いだ株式もすべて売り払ってしまい投資の世界からは、しばらく離れていました。

50代を迎えるにあたって資産運用にチャレンジしてみましたが、前述のように全く上手く行きませんでした。

ある程度自分で勉強し実践しても、相場の相手は百戦錬磨のプロ!
これじゃ太刀打ちできる訳がありません。

やっぱりプロにはプロ!ということでプロのアドバイザーをを頼りに資産形成にチャレンジします。

このブログは、この資産形成を自分の備忘録的なツールとしてリアルタイムで記録して行きます。

そして、このブログを読んでくださる方の、少しでもお役に立てればいいな?とも思っています。

では2020年4月、いろいろ大変な時期ではありますが、私の老後のための資産形成をスタートします。

ちなみに今回の、アドバイザーは私の長男になります。

彼は、某証券会社で自称3本の指に入るくらいの、株式投資アドバイザーらしいので全面的に信頼して任せようかと思っています。

投資のプロに、投資初級者のさまざまな疑問への回答なども、このブログに反映していく予定です。

何段階かの目標を決めて、そこに向かって頑張って行き、いずれは投資知識も積み上げて行ければと考えています。

それでは、よろしくお願いいたします

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする